2015年10月29日

浅草:おこぼれ

雷門から少し離れた通りにできた「酒菜旬彩 おこぼれ」。
なんでも店名は大地の恵みのおこぼれを頂くから、のような話を聞いた。

店内はカウンターとこあがりに二卓とちょっとこじんまりとした造り。
大地の恵みを現すべく、野菜に力を入れていることが判る。

okobore.jpg

この野菜が非常に美味い。
まさしく大地を堪能するかのような野菜たち。
もちろん、野菜だけでなく料理一つ一つが、旬の素材を活かすように料理されている。

そこに合わせる酒は日本酒か焼酎か。ワインもあるのでお好みといった感じで。
ただ、牛蒡焼酎、トマト焼酎やピーマン焼酎といった揃え方は、やはり野菜へのこだわりなのだろうか(笑)。

観光エリアから離れた場所にあるので、腰をすえて料理と酒を楽しみたい。

酒菜旬彩 おこぼれ

夜総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:創作和食 | 浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅浅草駅(つくばEXP)


タグ:浅草 居酒屋
posted by TM at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

シャングリ・ラ ゲヴェルツトラミネール

20151004175957986.jpg

ニュージーランドのドイツ品種のワインというとあまり、印象は薄いのですがなかなかどうして美味しいものがあります。

それがこちら、ブラッケンブルックのゲヴェルツトラミネール、アートシリーズです。

このボトル名の、シャングリ・ラは理想郷を意味しますが、このボトルのブドウ産地であるネルソンはニュージーランド人がリタイア後に最も住みたい街と言われています。そこで、現地のアーティストにラベルを描いてもらったのがこの、ボトルのシリーズとなるわけです。

とはいえ、飲んで美味しくなければ、どんな銘柄、ラベルだろうと意味を成しはしませんが。

そして、そのテイスティング結果はというと、トップでは、バラや熟した洋ナシ、やや鉱石っぽさ、ミネラル感、非常に豊かな香りを感じる。
口当たりはシルクのよう滑らか、かつ爽やかさから果実味溢れ、しっかりしたミネラル感に香りのニュアンスそのままのところから、
引き締めるかのようにジンジャーの微かなニュアンス。

おぉ、南半球のワイナリーだというのに、ゲヴェルツトラミネールの本拠地、ドイツに勝るとも劣らない味わいを造り出している。
そして、お手頃な価格で入手可能だと。。。

これは、非常にいいものだと、言わざるをえませんね。
posted by TM at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする