2009年12月15日

ジャック・ター

横浜のウィンドジャマーさんのオリジナルカクテル、水夫を意味する「ジャック・ター」ですが、最近ではすっかりメジャー化していますねぇ。
確かオリジナルレシピはオールドファッションドグラスにクラッシュアイスを入れて、そこにロンリコ151 30ml、サザンカンフォート 25ml、ライムジュース 25mlをシェークだったかな。
どちらにしても、ロンリコ151を30も使っているので度数は強いです(笑)。
でも、サザンカンフォートのフルーティさのおかげでとても飲みやすいです。
これもまた、レディ・キラーな1杯でしょうから、くれぐれも悪用しないようにお願いします(汗。

#昨晩はこれで自分にトドメを刺しました(苦笑)。

しかし、サザンカンフォートが昔はバーボンベースにフルーツ等を漬け込んだリキュールで43度もあったやつが、今ではスピリッツベースになって21度まで下がってしまっています。
なので、現在のサザンカンフォートを使った「ジャック・ター」はオリジナルとはちょっと違う物になってしまっているかもしれませんね。

今でも横浜のウインドジャマーでは35度の時代の旧ボトルを使ってオリジナル「ジャック・ター」の味を守っているとか、いないとか。



ラベル: 横浜 カクテル
posted by TM at 21:27| Comment(1) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クロゴケグモと云うカクテル

 横浜市磯子区洋光台カクテルバーG-inにて誕生
ジャックターにコアントロを1tsp加えただけのカクテル。
 昔、よく云われたスクリュードライバーに目薬的な非常に酔いのまわりが激しい犯罪的カクテル。
(これをジャックターと偽って提供すると、詐欺傷害で訴えられる可能性有り。バーテンダーの皆さま、くれぐれもお気を付けを。)
 このカクテルをジンジャーエールでUPするとセアカゴケグモ(レッドバックスパイダー、レッドバックウィドゥ)と云うカクテルになる。
Posted by 富沢文雄 at 2011年07月12日 13:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。