2011年09月08日

ラオスのラム酒



ラオスでラム酒しかもアグリコール・ラムというのも不思議な感じですが、日本人が社長を務める会社が現地でサトウキビ栽培から製造までやっています。
しかもサトウキビ栽培は無農薬で行っており、除草剤も使用していないとか。

このラム酒、酵母には焼酎の酵母を使っているともあり、果たしてその出来上がりはいかに?
などと思っていましたが、けっこうな出来映えですね。
ややアルコール臭が鼻にツクものの、味そのものは意外とすっきりして、サトウキビ由来の草っぽさや柔らかい甘味もあります。

ホワイトラムとしてはいがいと優秀ではないでしょうか。
ラベル:ラム
posted by TM at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック