2012年04月14日

ボタニスト アイラ ドライジン

botanist.jpg

アイラのシングルモルト・ウイスキー蒸留所であるブルイックラディがアイラ島内の植物を香料として作ったジンがこれ、「ボタニスト アイラ ドライジン」です。
アイラ島内の植物22種類をボタニカルと呼ばれる香料の元として、使用しているのが最大の特徴。
そしてもう一つの特徴が世界で唯一残るローモンド・スティルと呼ばれる独特の形をした蒸留釜を用いて蒸留されていること。

とはいえ、いくら有名なウイスキー蒸留所が造るとはいえ、美味くなければ意味が無いのですが。
なかなか、美味いですよこれ!
ジンのタイプとしてはボンベイサファイアに近い感じですかね。ジュニパー、オレンジ、コリアンダー、スパイスの香りが穏やかで、やや甘味を感じる。
凍らせてストレートでやるもよし、柔らかい味わいからオールドスタイルのマティーニやピンク・ジンといったカクテルベースでも良さそうですね。
タグ: ジン
posted by TM at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/264489023
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック