2012年08月23日

ズブロッカ梅酒 まずは出来ました

zu8.jpg

ズブロッカを使った梅酒を漬け始めてちょうど2ヶ月。ひとまずは完成ということで、その味を楽しんでみました。

ズブロッカといえば桜の香り(実際はバイソン・グラス)の香りが特徴のウォッカのため、当初は梅を漬け込んでも本当に馴染むのか心配をしていましたが結果だけで言えば余計な心配でした。
香りはズブロッカを残してはいるものの、後から梅の爽やかな香りが溢れてきます。ちょっと、氷砂糖を多めにしたせいか、甘い香りもそこそこといった感じで。
口に含んでみると濃厚で美味い梅の酸味、甘み、ズブロッカの風味が見事に調和してまとまっています。これは、実に美味い!!
味が濃厚なので、ロックやソーダ割でも非常に美味しいです。

甘めに仕上がっているため口当たりもよく、スイスイと飲めるのですがここで忘れてはいけないことが一つ。
このズブロッカ梅酒、あくまでもウォッカで漬け込んだ梅酒だということ。
一般的な梅酒だとアルコール度数が20〜25度のホワイトリカーで漬け込みますが、これは40度あるウォッカです。
調子に乗って飲んでいると前後不覚になることは、間違いないでしょう…。
posted by TM at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック