2013年02月13日

レビュー: 神の河 ハイボール

ウイスキー・ハイボールの人気を受けて様々なウイスキー・ハイボールが発売され、スピリッツ(ラム、ウォッカ)ベースのカクテル缶や、あまつさえは日本酒ハイボールまで出されるこのご時勢。

こんどは鹿児島の麦焼酎がハイボールになって出てきました。
「神の河(かんのこ) ハイボール」です。

kannoko_highball.jpg

いや、まぁ、神の河の原料は二条大麦だし、3年以上は樫樽で熟成させているのでウイスキーに近いと言えなくも無いが、麦焼酎でハイボールねぇ…。
とりあえず、原材料をチェックしてみると、糖類と香料が加えられています。この時点で評価としては、やや下がります。
で、飲んでみると一応、飲める味にはなっていますかね。ただ、やはり本来は神の河に存在しない甘味があることで不自然さがあることは否定できません。
確かにベースとなる神の河をただ炭酸で割っただけだと飲みにくさが出ると思われるので、それを抑えるために糖類と香料を使用したものと考えられます。
ただ、元の神の河とは、少々違う傾向の味わいになってしまっていることが残念です。

とはいえ、飲めないほど酷いものではないので、興味のある方は飲んでみても…。
posted by TM at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/322111117
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック