二日酔いの本で話題の著者の最新作はなんと、蕎麦屋飲みのイラストエッセイ本であった。
都内の老舗・名店を巡り酒と肴、そして蕎麦を描いている。
みっしりと書き込まれたイラストは著者の酒好き、蕎麦好きの情熱のたまものだろう(笑)。
眺めるだけで、その店で供される酒や料理が目の前にあるようだ。

ちょっと字が読みづらいが、蕎麦屋飲みに興味ある諸氏は読んで損のない一冊だろう。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。