2014年04月30日

スキャパ 16年

スキャパ16年、2010年とずいぶんと前にボトル変わっていたんですね…(^_^;)。

scapa 16yo.jpg

普段はあまり飲まない蒸溜所だったもので、いまのいままで気づいていませんでした。。。

さて、そんなスキャパですが“バランタインの魔法の7柱”としても有名ですが、シングルモルト・ウイスキーとしても素晴らしいポテンシャルを持っています。
スキャパ蒸留所自体は、スコットランド北部オークニー諸島にあり、同じ諸島内にスコットランド最北端の蒸溜所であるハイランドパークがあります。

さて、スキャパのど定番であるこの16年はというと、最初の香りでは非常に優雅な花のニュアンスからバニラを思わせる滑らかな香りが漂ってきます。
味わってみると香りのイメージ通りの味わいからやや香ばしい甘さやジンジャーや潮のピリッとした感じも。
後口になるとスムースな辛みと潮っ気を残していく感じで。

非常に飲みやすいシングルモルト・ウイスキーですね。何より、フローラルな香りや味わいが素晴らしい。
また、16年という熟成年数ですが、良い方向で熟成年を感じさせない部分もあり面白いところでもないかと。

軽すぎず重すぎず、ロックやソーダ割りでも面白そうなシングルモルト・ウイスキーです。
posted by TM at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。