2014年05月05日

竹鶴 21年ピュアモルト ポートウッド フィニッシュ

ニッカウヰスキー創業80年ということで1000本限定にて国内販売された「竹鶴 21年ピュアモルト ポートウッド フィニッシュ」です。

ヴァッティングした後ポートワイン樽にてフィニッシュ(後熟)させた竹鶴21年。
ニッカウヰスキーさんの説明によると「ポルトガル北部・ドウロ川河口で約2年間ポートワインを熟成させた樽を厳選して使用しています。」(公式Webサイトより)とのことです。

さて、スコットランドではワイン樽を使用して熟成させたシングルモルトが一時期色々とリリースされたこともありましたが、竹鶴21年はポートワイン樽で後熟させることにより、どのようなブレンデッドモルトウイスキーとなったことでしょう。

色味は、ポートワインを思わせるかのような赤みを帯びた濃い色合いを見せます。
香りにしても、華やかかつ鮮烈なポートワインの香りが立ち上がってきて、そこからフルーツクリームやナッツ、コーヒーといった香りが開いていきます。
味わっていくとアンズのような酸味と甘味、フルーティな味わいから香ばしさと微かなスパイスが味を引き締めてくれます。
後口でも豊かなドライフルーツの甘味が続いていくものに。

冷却濾過を行っていないことも相まってか、通常の竹鶴21年とも異なる1本になっていますね。
しかし、これが1000本限定(一説では東京地区への出荷は300本程度という噂も)というのは少なすぎて、実に残念なことで。

もう、私の中では今年のベスト・ジャパニーズウイスキーで良いです。

taketsuru21yo port wood.jpg

こうなるとヨーロッパで500本限定にて販売されるマデラウッド フィニッシュも気になるところですが、逆輸入でも入ってこないでしょうね。。。
ラベル:ウイスキー
posted by TM at 12:21| Comment(1) | TrackBack(0) | ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。いつも楽しくブログを拝見させてもらっています。
私も先日、六本木ヒルズの期間限定BARでハーフショットですが、味見してきました。非常においしく、私のウイスキー人生ナンバーワンのウイスキーとなりました。(まだウイスキー歴は1年程度ですが(笑))
これからもブログの更新を楽しみにしてします。
Posted by 先生 at 2014年05月05日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック