2014年09月06日

ウイスキーの賞味期限

たまに聞かれる「ウイスキーに賞味期限ってあるの?」という質問。

その場合、私は次のように答える。
「未開封の物であれば賞味期限は無い。
しかし、開封してしまうとアルコールの蒸発や酸化などの問題があり、風味が変わることがあるため賞味期限はある。ただし、具体的にいつまでというものは無く、自分が美味しく飲める時までが賞味期限。」
といった感じだ。

蒸留酒でアルコール度数が高いため醸造酒にくらべ酸化も進みにくいい。
だからこそ、ウイスキーは樽の中でじっくりと熟成させることが可能となっているわけだ。

ワインも何十年も持つものがあるじゃないかって?
あちらは、醗酵(腐敗)が進まない条件下にて管理して保存していくので、ウイスキーのように未開封だからと適当に保管してみたらすぐに痛むでしょう。
さらに、スーパーの店頭にあるようなワインは腐敗防止のために添加物も使っていますしね…。
posted by TM at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404972764
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック