2015年01月11日

ニッカ カフェモルト(NIKKA COFFEY MALT)

nikka coffey malt.jpg

最初の香りではエステル香、麦芽由来の甘さ香ばしさが表れ、樽香や蜂蜜、バニラといったニュアンス。全体的に軽やかな香り。

味わってみると軽やかでスムースな口当たりからフルーティかつクリーミーな甘み。
後口はスッキリしており、穏やかな香りが残る。

少し加水すると甘みが落ち着き、エステル感が強くなる感じでしょうかね。

一般的なモルトウイスキーとは違い連続式蒸溜器、しかもニッカが所有するのはカフェ式連続蒸溜器で蒸溜されたモルト ウイスキー。
カフェ式とはいえ連続蒸溜器で作られたウイスキーの味わいなんて物足りないのではと思う方、カフェモルトは決してそのようなウイスキーではないと伝えたい。
軽やかな味わいの中にもしっかりとした美味さがある。

マッサン効果でニッカウヰスキーの各商品も品薄が続くが、こちらのボトルもまた見かける機会が減るのだろうな。
posted by TM at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412179264
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック