2015年11月30日

鬼乙女 幸

静岡県は大村屋酒造場がリリースしている「鬼乙女」シリーズ。
そのうち、ひやおろしとして出されるのがこちら、「鬼乙女 幸」です。

oniotome sachi.jpg

まず、目を引くのはそのラベルデザイン。イラストレーターのソノベナミコ氏が描く着物の乙女は、なんともネーミングにある鬼には程遠く・・・。

スペックとしては酒米は静岡産・誉富士100%を精米歩合60%で、酵母は静岡酵母(NO-2)を使用とのこと。

さてさて、ラベルの可愛らしさに騙されぬよう味わってみれば、ほのかな甘味と幸を思わせるようなふんわりと膨らむ優しい口当たりから、キレのある味わいが出てきて後口はスパッとシャープな印象。
これは、乙女から鬼に化けた? ある意味、銘に違わぬ味わいということか・・・。

鬼乙女にはこのほかにも、春には「夢」、夏は「恋」、冬になると「涙」があるので機会を見てそちらも試してみたい。
posted by TM at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430488698
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック