2016年07月28日

SUPER SESSION(ニッカウヰスキー)

またまた、オールドボトルが出てきたので、早速試してみたのはこちら。
ニッカウヰスキーの「SUPER SESSION」です。

supersession.jpg

1989年7月から発売が開始されるものの1994年には終売となる、非常に短期間だけ存在したブレンデッドウイスキーです。
特徴としては。製法の異なる3つの素材をブレンドした"トライアド・ブレンド"と呼ばれるしたブレンド法でしょう。
モルトウイスキー、ライ麦から作るライグレーンウ、ニッカウヰスキーお得意のカフェ式連続蒸溜器で作るカフェグレーンの3つをブレンドすることから、命名されたブレンド法だそうです。

さて、オールドボトルということで当時のままの味わいかは判断しかねますが、味わってみたところ非常にドライでスッキリとした味わいに感じました。
ニッカのモルトによくあるピート感はあまり感じませんでしたね。
また、ボトルの状態がよろしくなかったのか、酢酸エチルのニュアンスも。これは、アルコール度数が少し高めなのも影響しているかもしれませんが。
posted by TM at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440515739
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック