2016年10月23日

SORRY UMAI IPA(前略、好みなんて聞いてないぜ)

よなよなの里でお馴染みのヤッホーブルーイングさんが、アメリカのブリュワリーと協力しアメリカ国内のみで販売されている「SORRY UMAI IPA」。
前略、好みなんて聞いてないシリーズのやつですな。

このビールの最も特徴的なのが、なんと、原材料にカツオ節を使用しているということ!
なんでも、カツオ節の旨味成分(イノシン酸)により酵母の働きが活性化するとか。

カツオ節という通常、ビール醸造では使われない素材を使ったことにより、キワモノとなったか、新しいビールとなったか、とくと味あわせてもらおうじゃないか。。。

まず、香りはフルーティな香りを芯に柑橘系の香りを纏う。
味わいはIPAらしいホップの苦味が効いたものだが、決して攻撃的なものでは無く上品なもの、ジンワリと後から旨味がきて、程良い甘味と酸味が乗っかってくる。
後味でも花のニュアンスとホップの香りやスパイシーさを残してスッと入っていく。

パッケージにあるサムライ(?)のちょっと荒々しい絵柄からは想像もつかない、綺麗に纏められたビールですな。
いや、最初はこのパッケージの絵柄とIPAということから、ホップの苦味がバリバリに効いた怒濤のように攻めてくる味わいを想像してしまったが、それは大きな過ちで。
実のところカツオ節という結果の想像がつかない素材を使いながらも、苦すぎず、フルーティになりすぎずバランスを取りながら、味わい深く呑むことを楽しめるビールに仕上がっている。

本来、アメリカ国内限定商品のため、日本での販売は限られているが、この美味いビールが彼の地にて大ヒットすることを願わずにはいられない。
  • 20161023133100876.jpg
posted by TM at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443054358
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック