2014年01月15日

レビュー: キリン 本搾り りんご

さて、またもや期間限定で出てきた本搾り シリーズ。
今度はりんごですか。。。

honshibori ringo.jpg

しかも、果汁の使用量は過去最高(?)の50%。原材料を見ても正しく、りんごとウォッカのみ。。。
まぁ、その分アルコール度数は低めの4%になっていますが。

さて、飲んでみれば想定通り、ほとんどリンゴジュース(笑)。
いや、良い意味でジュースですな。リンゴ果汁の旨さをちゃんと残している。

甘さも糖類や甘味料の不自然な甘さではないので、飲みやすいのも良い。

暖房の効いた部屋でチビチビ楽しめそう。
タグ:チューハイ
posted by TM at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

今年の福箱

さて、新年初売りに少々、出遅れました。
浅草恒例、酒の大升の福箱。
出遅れたので、小っちゃい3,000円の箱でござんしたが、これでもなかなかな代物で。

2014_fukubako.jpg

雪の茅舎 山廃生酒に一ノ蔵 ひめぜん、中野BC 紀伊國屋搾りたて生ときて、日高見の粕取り焼酎。
いやぁ、これで3000円たぁ、申し訳ない。

日本酒好きならぐぅの音も出ない素晴らしき福箱でござんした。
タグ: 日本酒
posted by TM at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

イオンの酒福袋

イオンがまた変な(?)福袋を出してきたな…。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000109.000007505.html

焼酎100本セット、200,000円。
地酒25本セット、50,000円。
そして極めつけはボルドー5大シャトーの5本セットが250,000円。

まぁ、内容的には割安感はあるものの、焼酎100本はやりすぎじゃないかい…。
タグ: 福袋
posted by TM at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

ワカコ酒は実にケシカラン漫画だ



以前にも取り上げた「ワカコ酒」。
早くも第2巻の発売である。

1巻と同様、コミックゼノンに掲載された連載+書き下ろしを2話です。
しかし、相変わらず主人公のワカコは、実にケシカランなぁ。

ケシカランことその一
この巻でもワカコはおひとり様を堪能しきっている。
この影響でおひとり様女子が増えたら、酒場に女子が増えて楽しくなるじゃないか。

ケシカランことその二
料理と酒の組み合わせが絶妙で、読んでいるこちらまで同じ組み合わせで飲みたくなってしまう。
これでは店で料理や酒をその場で選ぶ楽しみを奪われるじゃないか。

ケシカランことその三
ワカコが酒を飲む様「ぷしゅー」は、飲み人の気持ちを実によく表している。
酒飲みだけの愉悦を白日の下に晒されるとは…。

もう、ほかにも色々とケシカランので店頭から早く消えるようにと、とりあえず2冊買ってきた。

1501813_613433502046149_2102896285_n.jpg

早く書店の店頭から消えて増刷になって、印刷所や出版社の担当営業が悲鳴を上げればいいんだ。
posted by TM at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

レビュー: 本搾り 冬柑

fuyukan.jpg

キリンビールの本搾りに冬季限定、冬柑バージョンが出てきました。
本搾りシリーズはスピリッツと果汁のみという潔い造りが非常に好感がもてて、実際に美味いのでこの冬柑にも期待です。

原材料を見ると冬柑と銘打つ通り、かぼす・すだち・ゆずといった冬によく使われる柑橘類にグレープフレーツをミックスしています。
飲んでみても、スッキリとした果汁の味わいがよく出ており、グレープフルーツが甘酸っぱさを補っている感じでしょうか。
鍋物とかといっしょに楽しんでもおいしいかと思います。

冬の缶チューハイとしてお勧めできる1本だと思います。
posted by TM at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする