2013年10月30日

レビュー: 宝焼酎のやわらかいほうじ茶割り

houjicya.jpg

季節限定の形で販売されていますが、これはなかなか美味いほうですね。
宇治のほうじ茶を使っていることをアピールしているだけあって、ほうじ茶の風味が良く引き立ってます。
アルコール度数4%というのもお茶の風味を活かすには、良い感じです。

秋の夜長に一本どうでしょう。
posted by TM at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

レビュー: ドライリッキー ビターオレンジ(キリンビール)

dryrickey orange.jpg

ドライジンを使って甘くない(?)のをウリにしているドライリッキーに、期間限定でビターオレンジが出てきたので試してみました…。

意外と甘い…。そりゃそうだ、甘味料が原材料に表記されている。
ビター感もそれほど…。原材料を見てもどうやってビター感を出そうとしたのか謎…。

※原材料はジン、酸味料、香料、甘味料

オレンジっぽさはそれなりに。

結論: まだギルビーのジンにオレンジビターを垂らしてソーダ割りにしたほうが美味い
posted by TM at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

焼酎ハイボール ブドウ割り

下町ハイボール、焼酎ハイボールを語る上で梅割りと共に忘れてはならないのが、ブドウ割り。
はい、こちらも出ていました、宝焼酎の焼酎ハイボール シリーズに。

chuhigh budou.jpg

となると思い出すのは天羽のブドウ液。この味にどこまで近づけたか、それともまったく違う方向性で味をまとめるか…。

結論から言うと、違う方向性でまとめてきましたな。意外と品良くまとめたブドウジュースと炭酸で割ったといった感じで、天羽のブドウ液を使った毒々しい(笑)ブドウというか出来損ないのワインのような感じはしませんね。
本来の下町で愛されたブドウ割りとはちょっと違いますが、これはこれで美味しいのではないですかね。
posted by TM at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

焼酎ハイボール 梅割り

chuhigh ume.jpg

下町のハイボール、焼酎ハイボールの味わいを出しているタカラの焼酎ハイボールしりーず。
やはり、下町といえば梅割りですよねー、ってことで梅割りです。

ただし、下町で梅割りというと正確には「天羽の梅」と呼ばれる梅干しの色をした謎のシロップを焼酎で割るものなんですけどね…。

それはさておき、こっちの梅割りのほうはちゃんとというか、梅っぽい味を出していますな。
良い意味でチープな酸味と甘みがいかにも下町、B級らしくてよろしい(笑)。
posted by TM at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

とある酒場の壁

R0086818.jpg

薄暗い空間の中で照らされるその先に、ポツンと一枚の絵。
そこにどのような物語を想い、酒を酌むか。
タグ: バー
posted by TM at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする