2013年09月23日

レビュー: TAKARA CAN CHU-HI 直搾り 長野産 黄金桃

いや、限定出荷とあったので勢いで買ってみました。

can chuhai.jpg

希少価値の高い黄金桃のストレート果汁を使用しているそうで。
まぁ、飲んでみると、、、桃の感じ少ない!
そりゃそうだ、果汁3%だから…。いくらね、いい桃を使っていたとしてもだ、たかが3%でその存在感を強く出せるかって話で。

この開発担当はなにを思って作ったのだろうね…。
posted by TM at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

レビュー: ハイキリ ザ・スペシャル ブラジリアンオレンジ

high riki special bzo.jpg

あ、これはいいかも。
甘すぎないオレンジの味わいに、しっかりとした飲みごたえ。

ただ、どうせならもうちょっと果汁は使ってほしいなぁ(苦笑)。
たった、2.3%だからねぇ…。
posted by TM at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

みっくちゅじゅーちゅだけじゃなかった…

みっくちゅじゅーちゅといえば関西のほうでは普通だと思いますが、サンガリアが製造販売している缶飲料ですね。
そんな清涼飲料水メーカーとばかり思っていたら、いつの間にやら缶チューハイにも手を出していたとは…。
そのうちの一つがこれ、レモンハイ「チューハイ気分レモン」。
ちなみに、沿革を確認すると2008年には酒造免許を取得していたみたいですね…。

sangaria lemon.jpg

で、まぁ、肝心の味はというと、糖類ゼロは嬉しいものの甘味料を使っているのでやや甘さはあるものの、比較的スッキリしたレモンハイですかね。
アルコール度数も6%としっかりしているので、飲みごたえもあり。
なにより、その低価格が嬉しい(笑)。大手メーカーの缶チューハイと比べても2,3割は安いですね。

関東では流通は少ないですが、そこまで安かろう悪かろうなものじゃないので良いですね。
posted by TM at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

アサヒビール オクトーバーフェスト 2013

えぇ、このク○暑い中に立ち寄ってみました。
今日まで、日比谷公園にて開催されているアサヒビール オクトーバーフェスト 2013

DSC_0092.jpg

まぁ、アサヒビールが主催のオクトーバーフェストなので、ビールはスーパードライと輸入取扱いをしているレーベンブロイしかないんですけどね(笑)。
今年、ちょっと毛色が変わったところではグループ会社であるニッカウヰスキーの、ニッカクリアブレンドを氷点下で冷やしたものを使用したハイボールを出していたこと。

oct_fast3.jpg

ステンレスのタンブラーがなかなかよろしくて、持ち帰りたいぐらいでした(笑)。

ステージも例年のごとく盛り上がり、まぁ、楽しめなくはないかな。

oct_fat4.jpg

ほんと、この酷暑さえなければね…。
posted by TM at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

Bar初心者へ、5つ伝えたいこと

Q1
バーに行って何を注文すればいいのかわからないんです。
A1
別にわからなくていいのです。ただ、自分がどんな感じの味が好きなのかは押さえてください。
ちゃんとしたバーであれば、好みの味、アルコールは弱いほうがいいのか強いほうがいいのかを伝えれば、ちゃんと提供してくれます。
もし、それで嫌な顔をされたり適当な応対をするようなお店は、バーではありません。

Q2
バーってお喋りできないんでしょ?
A2
そんなことはありません。普通に会話を楽しんでください。
もし、一人なら、バーテンダーさんに話しかけてみてください。話すきっかけがない? そんな時はお店の内装とか、棚に並んでいるお酒について聞いてみるとか、それこそ今日の天気の話題でも大丈夫です。
ただ、酔ったノリから居酒屋気分で声を大きくして話のは、マナーとしては好ましくないと思います。

Q3
メニューに値段が書いていないので怖いです。
A3
そうですね、たしかにメニューはあっても、値段が書かれていないバーも少なくはありません。
ただ、目安としてはチャージ料が500円〜1500円、カクテルが一杯1500円前後と見積もっておけば、
銀座あたりのお店でもまぁ、それほどビックリするお会計になることはないでしょう。

Q4
ドレスコードってあるの?
A4
ん〜、いわゆる名門とか超一流とか言われているホテルのバーとかだと、それなりの身形でないと居心地が悪いかもしれません。
だからといって、近所のバーに短パンTシャツにサンダルというスタイルも違うでしょう。
まぁ、清潔感を持って、見苦しくない服装といったところを気にしてもらえばいいのかなと思います。
大人のマナーです。

Q5
お店の人が怖いんですけど…
A5
そうですね、はじめてのお店だとそうゆうこともあると思います。
でも、あなたが怖いと感じると同時に、お店の方もあなたに対して怖いというか緊張しているんだと思います。
はじめてのお客様に対して自分の接客は大丈夫か、出しているお酒は美味しく飲んでいただけているか、色々な思いを巡らせていると思います。
もし、はじめて訪れたバーで美味しいお酒を楽しめたのなら、そこから3日連続で訪問してみてください。
新しい信頼ができるかもしれません。
タグ: バー
posted by TM at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする