2012年05月13日

カクテルの日

5/13、本日はカクテルの日となっております。
なぜ、カクテルの日かって?

こちらのWebサイトによると、

アメリカの週刊新聞「バランス・アンド・コロンビア・リポジトリ」で「カクテル」という言葉が使われたのが1806年。読者から寄せられた問い合わせに対して、初めて「カクテルとは」という定義がされたのが、5月13日のことでした。

とのことです。
アメリカのほうでは結構前から5/13はカクテルの日としていたようですが、それを日本でも真似ようってことですね。
まぁ、こういったことをきっかけに、チューハイではなくカクテルを飲む人が増えてくれれば良いのですが。
タグ: カクテル
posted by TM at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

にゅーはーふ?

兵庫県立大と神戸親和女子大の学生11人と伊丹の酒蔵・小西酒造が共同開発した日本酒のカクテル、その名が「にゅーはーふ」だとか…。

http://www.bar-times.com/news/news0428/

飲むと見た目はカワイイ女子から「辛口モード」になるから"にゅーはーふ"ですか。
でも、もう少しネーミングは考えたほうが良いかなと思うんですが(^^;
posted by TM at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

レビュー:バカルディ モヒート

バカルディとサッポロビールの提携で生まれた「バカルディ モヒート」。

bacardi_mojito.jpg

モヒートといえば、ラムをベースとしてミントを使った爽やかな風味が特徴のカクテルで、文豪ヘミングウェイもキューバにて「わがダイキリはフロリディータで、わがモヒートはボデギータで」と語り好物にしていたカクテルですね。
さて、そんなメジャーなカクテルであるモヒート、缶になってどんな出来栄えになりましたかね。

原材料を見るとラム、糖類、酸味料、香料とあるので本物のミントやフレッシュ ライムは使っていないみたいですね…。
まずは一口・・・んーミントっぽい香り?とライムっぽい酸味で、あとからラムの味。まぁまぁ、モヒートっぽいものになっていますかね。いつぞや飲んだモヒートのボトルに比べたら全然ましです。
しかし、バーで飲むモヒートと比べたらってなると・・・。

バカルディの名を冠していることから期待値が高かったかもしれませんが、それを抜きにすれば酸味・甘味のバランスも悪くなくラムの風味も残っているってところで缶にしては良いカクテル・ドリンクじゃないですかね。
posted by TM at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

本日のカクテル

20120402.jpg

色は緑色ですが、ジンをベースにシャルトリューズ ジョーヌとJet 27を使ったカクテル。
流石、Jet 27、色の主張は激しいです。

ちなみにお味はもちろん、美味しゅうございました。
posted by TM at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

日本酒カクテル

日本酒をベースとしたカクテル、これはなかなか難しい代物だったりしてカクテルブックを見てもあまり数はありません。
その中で、比較的に一般的なのが「サケティーニ」。

その名が示すとおりマティーニのバリエーションになるのですが、これも二通りの基本レシピがあります。
一つは、マティーニのベースであるジンを日本酒に変えたもの。
もう一つは、ジンをベースにしてドライベルモットを日本酒に変えたもの。
どちらもサケティーニとしては正しい(?)のですが、個人的な好みとしては日本酒 + ドライベルモットのサケティーニですかね。
ジンと日本酒では香りがどうもケンカし合うような感じがするのに対し、日本酒とドライベルモットだと適度に香りが融和するというか、醸造酒同士で相性も良さそうですし。

日本酒が苦手という人にも意外と飲めそうなカクテルなので、機会があれば色々と試してみたい一杯です。
posted by TM at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする