2016年05月23日

男の純米 DRY 男の毎日は、ドライだ。

otoko no dry.jpg

あさ開さんが2013年より発売している純米の缶酒「男の純米 DRY」である。
そして、描かれたキャッチコピーと佇む男の足元をご覧いただきたい。
あぁ、たしかにドライだ。。。

そんなドライな日々をすごす男たちの、一服の癒しとなるのがこの、男の純米 DRYなのだろう。
とりあえず今回はひやで飲んで見たが、たしかにドライ(辛口)ながらもしっかりとしたうま味を持ち、後口のキレもいい。
これなら、ぬる燗にでもしてやると、落ち着いた味を楽しめそうだ。
缶のためそのまま湯煎にかけて温めてやってもいい。

一日の疲れで渇いた体に染み入るような日本酒だ。
ラベル:日本酒 純米 岩手
posted by TM at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

臥龍梅 純米吟醸 初しぼり

臥龍梅の27BY新酒、純米吟醸の初しぼり生酒です。

garyubai_27BY_new.jpg

スペックとしては、酒米には精米歩合55%の五百万石となっています。
そして恒例(?)となった、浮世ラベルもまた粋な様となり目をひきますねぇ。

さて、味わってみると新酒らしいフレッシュさと麹の旨味に微かな吟醸香、
すっきりとしたキレから優しい余韻。

非常に飲みやすく、酔々と飲み干してしましました(笑)。
posted by TM at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

鬼乙女 幸

静岡県は大村屋酒造場がリリースしている「鬼乙女」シリーズ。
そのうち、ひやおろしとして出されるのがこちら、「鬼乙女 幸」です。

oniotome sachi.jpg

まず、目を引くのはそのラベルデザイン。イラストレーターのソノベナミコ氏が描く着物の乙女は、なんともネーミングにある鬼には程遠く・・・。

スペックとしては酒米は静岡産・誉富士100%を精米歩合60%で、酵母は静岡酵母(NO-2)を使用とのこと。

さてさて、ラベルの可愛らしさに騙されぬよう味わってみれば、ほのかな甘味と幸を思わせるようなふんわりと膨らむ優しい口当たりから、キレのある味わいが出てきて後口はスパッとシャープな印象。
これは、乙女から鬼に化けた? ある意味、銘に違わぬ味わいということか・・・。

鬼乙女にはこのほかにも、春には「夢」、夏は「恋」、冬になると「涙」があるので機会を見てそちらも試してみたい。
posted by TM at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

チーバくん

chi-ba_kun.jpg

お土産物で頂いたチーバくんのワンカップ。
お土産物のワンカップだからたいしたこと無いだろうと思っていたら、中身はちゃんと千葉の酒蔵・飯沼本家の甲子 本醸造でした。
侮って、スミマセンm(_ _)m

使っている酒米も千葉県育成、千葉県産のふさこがね。
これぞ千葉の地酒って感じです。

お味のほうはスッキリと飲みやすい、日常酒として程よい味わいのもの。
こうゆう普通の酒がもっと日常的に飲まれてこそ、日本酒の世界も広がるというものでしょうね。
ラベル:日本酒 千葉
posted by TM at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

淡墨桜(うすずみさくら) 純米酒 ピッチピチ蔵出ししぼりたて生原酒

岐阜県の酒蔵、達磨酒造が醸す淡墨桜(うすずみさくら)。

usuzumizakura.jpg

達磨正宗というと古酒のイメージがあったんですが、こんなフレッシュなお酒も出していたんですねぇ。
スペックとしては、酒米は蔵元の地元・岐阜県特産のハツシモ、精米歩合70%、日本酒度±0。
酒造好適米ではない食用米であるハツシモを使って醸す酒とは、いかなる味か!?

米の旨味がギュッと詰め込まれた旨さ、
しかし、重くはなく柔らかい口当たりからスルリと流れていく。
後味の酸が程よいキレを出していて非常に飲みやすい。

酒造好適米でない、しかも純米酒という造りでありながら立派な日本酒に仕上がっていますよ。
年に一度の限定出荷品ということで、次の出荷が既に待ち遠しいお酒ですな(笑)。
posted by TM at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする