2014年09月27日

レビュー: グランドキリン ホップフルーティ

さてさて、このところ特定のコンビニ限定ビールが出回るようになってきましたが、こんどはグランドキリンのファミリーマート限定版(先行販売)、「グランドキリン ホップフルーティ」です。

grand kirin hop fruity.jpg

元々、グランドキリンはセブンイレブン限定で始まりその後、全コンビニで販売されるようになりましたが、ジ・アロマ(セブンイレブン先行)、マイルドリッチ(ローソン先行)ときて、ファミリーマートですか。

てなわけで、どれほどフルーティかなと楽しみにして飲んでみました。
最初に麦芽の甘味、旨味がほどよく出ているのを感じて、そこからじわりとホップの苦味とホワイトビールを思わせるような若い桃や青りんごを思わせるフルーティさがかぶさってきますかね。
銘の通り、苦みよりもフルーティさのほうが強いかな。

グランドキリンの旨さを残しつつ、このフルーティさもまたなかなかのものですかね。
苦いビールが苦手な方にお勧めです。
タグ: ビール
posted by TM at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

網走ビール

なにげにコンビニに並び始めた地ビール、網走ビール。
オホーツクの流氷使用とか表記があるので、ちょっと試してみた。
が、これで後悔することになろうとは…。

まず、グラスに注ぐと青い! 青いぞ!
オホーツク海をイメージして、クチナシ色素使用ですか…。
まぁ、問題は味ですよ、味。と、飲んでみるが、甘い…。
ホップの風味はほとんど感じられない、甘さも麦芽っぽくない。

原材料が糖化スターチ、麦芽、長芋、ホップ、クチナシ色素と。

ん、麦芽を一番最初に書いていないということは…。
私はそっとグラスを置いた。

どうやら、ビールのような何かを飲んでいたようだ。


  • 20140807120336226.jpg
posted by TM at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

レビュー: ヱビス ロイヤル セレクション

yebisu royal selection.jpg

コンビニ限定、期間限定とダブル限定で出てきた「ヱビス ロイヤル セレクション」。
なんといっても一番の売りは5種類の麦芽を使用したというところなのでしょうか。
ピルスナー麦芽、カラメル麦芽、小麦麦芽、クリスタル麦芽、ミュンヘン麦芽の5種類を使用しているとのことです。
仕様の比率は特に明らかにされていませんが、なんとも面白い組み合わせかと思います。

さて、さっそく味わってみると基本的な味わいはノーマルのヱビスに近いと思いますが、そこからカラメル麦芽やミュンヘン麦芽の影響か甘味とどっしりとした味わいを感じますな。
と思えば後味は意外とキレが良く、さっぱりとした料理にも合わせやすいですかね。

ん〜、サッカーワールドカップも始まり缶のデザインもサムライブルーを思わせるものですが、普通のヱビスで十分かな。。。
タグ: ビール
posted by TM at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

多摩の恵 ミュンヒナーダーク(デュンケル)

さて、明治復刻ビールに引き続き石川酒造さんの黒ビール(デュンケル)、多摩の恵 ミュンヒナーダークをいただきました。

tamanomegumi dark.jpg

さて、なぜにミュンヒナーと呼ぶかってところについては、元々はドイツ・ミュンヘン市特産のビールの製法にのっとったものをミュンヒナーと呼称するケースがありますが正しくはデュンケルと呼ぶのが正しい感じですかね。
ロースト麦芽を使った下面醗酵ビールではありますが、さてこちらの1本はどんな味わいか…。

ひと口飲むと襲ってくるのは強烈なカラメルと麦汁の甘さ! まさに、甘さの暴力…。
ロースト麦芽を使っているとはいえ、下面醗酵のビールです…よね?
後半から柑橘系の酸味も出てきますけどね、わずかに香る香ばしさもふっ飛ばす甘さが全てをだいな(以下略)。

ある意味、ロースト麦芽(麦汁)の味わいをそのまま活かした、と言えなくもない…。
苦いビールが飲めない人にしか、お勧めできません…。
posted by TM at 12:58| Comment(0) | TrackBack(1) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

多摩の恵み 明治復刻地ビール

fussa meji beer.jpg

東京福生市にある石川酒造さんが明治時代に醸していたエールビールを復刻させたこちら、「多摩の恵み 明治復刻地ビール」です。
石川酒造さんはこの他にもクラフトビールを何種類か醸造していますが、まずは基本(?)となる原点のビールをいただいてみましょう。

味わいとしては典型的なエールタイプですがが、やや麦汁の甘味が残ってきていますね。
海外のエールビールに比べると飲みやすいというか、口当たりが良いというか。
しかも、思ったほか泡立ちは少ないのも特徴でしょう。
ホップの苦味もそこそこ感じますがが、そこはやはりラガーほどではないですね。

総じて、飲みやすい感じのビール。エールビール好きな人には選択肢の一つになるかもしれませんが、率先して注文しようかなというほどでもない感じです…。
posted by TM at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする