2015年09月04日

余市ヘビリーピーテッド

さて、こちらも3000本限定で販売された「シングルモルト 余市 ヘビリーピーテッド」

IMG_20150903_213219.jpg

『シングルモルト余市 ヘビリーピーテッド』は、土や植物からなる泥炭を乾燥させたピートを燻したモルトでつくられる“ヘビーピートモルト原酒”のみを厳選してヴァッティング(※2)したシングルモルトウイスキーです。余市の潮風を思わせる力強いピートの香りとフルーティーで香ばしい甘い香り、ピートの深い味わいと厚みのあるコクが特長です。
ラベルは余市の気候風土の特長である海をイメージした藍色を採用しました。

ニュースリリースより

なんだか、どこかで聞いたような名前ですが、元々ピーティさを出していたシングルモルト余市ですが、さらにヘビーピートモルト原酒のみを使用するという、飲む人を選びそうなボトルを出してきました。

実際に味わってみると、
トップの香りではスモーキーさとピートが最初に攻めてきてこれが重厚さをかもし、そこから余市の海を思わせる潮のニュアンス。
テイストでは香り同様ピーティ、スモーキーさが温かみをもって味わい、その奥から潮っ気やカカオが出て麦芽、フルーツのような穏やかな甘み。
フィニッシュではピートとスモーキーさがふわりと続いていく。

加水するとピート感は抑えられ、フルーツや潮の感じがやや強くなりスッキリしてくる。
アルコール度数は宮城峡 シェリーカスクと同様の48%ですが、こちらのほうがアタック感は弱い。

まさに、コンセプトにあるようなピートのニュアンスを全面的に押し出したシングルモルトでしょう。
ピートが効いているといっても、アードベッグやキルホーマンよりかはちょっと穏やかです。

ピートの効いたシングルモルトがお好みの方には是非、味わって欲しいのですが3000本限定なんですよね。。。
こちらも既に店頭には並んでいないことでしょう。

いつの日か原酒量が確保され、このようなシングルモルトがリリースされることを待ちたいものです。
posted by TM at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮城峡シェリーカスク

2015年9月よりレギュラー製品は全てノンエイジのみとなった、ニッカウヰスキーのシングルモルト。
同時に3000本限定で発売されたのがこちら「シングルモルト 宮城峡 シェリーカスク」。

IMG_20150903_204622.jpg


『シングルモルト宮城峡 シェリーカスク』は、スペインの酒精強化ワインであるシェリーの貯蔵に使われた樽を使って熟成させた“シェリー樽熟成原酒”のみを厳選してヴァッティングしたシングルモルトウイスキーです。深みのあるリッチなシェリー樽の香りとレーズンのような甘い香り、麦芽の香ばしさとふくらみのある味わいが特長です。
ラベルは、宮城峡の特長である華やかさ、甘さをイメージしたエンジ色を採用しました。

ニュースリリースより

宮城峡のシングルモルトとしてシェリー樽原酒のみというのは、初の試みではないでしょうか。

トップの香りはいかにもシェリー樽原酒らしい甘い香り、メープル、カラメル、レーズン、バター
テイストはビターなカラメルの味から、いかにも宮城峡といった軽やかな麦芽の甘さや旨味、クリーミー
フィニッシュでは若いニュアンスとグリーングラスのニュアンス、短い余韻

加水するとクリーミーさ甘さが穏やかになり、また飲みやすい。

色合いからしてそれなりに熟成年数の長い原酒も使っていそうですが、若い原酒を中心にヴァッティングしているように感じました。

既に酒屋の店頭からは消えてしまっているボトルですが、味わって損は無いでしょう。
posted by TM at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

ザ・マッカラン カスク ストレングス

IMG_20150830_174037.jpg

世界的な原酒不足により価格が跳ね上がったり、ラインナップから消えていくボトルが増えてきました。
この、ザ・マッカラン カスクストレングスも価格が跳ね上がったボトルの1本です。
まぁ、ただでさえシェリー樽原酒が足りないため、ザ・マッカランらしからぬファインオーク樽原酒を使ったボトルをリリースしているのだから、シェリー樽のカスク ストレングスなんて高騰もしますよね・・・。

しかし、味わってみればこれこそが“シングルモルトのロールスロイス”と言われる、ザ・マッカランの味わいでしょう。

フルーツケーキ、バニラ、チョコレート、オレンジピールからややナッツを思わせる重厚な香り。
味わいについてもシルクのような口当たりから香りのイメージそのままの味わいが濃厚。
フィニッシュにおいてもドライフルーツやスパイスの豊かな余韻が続く。

なんともゴージャスでリッチ、エレガントなシングルモルトです。

今後もこのボトルが継続するか、一抹の不安もあり楽しむならいまのうちかもしれませんね。
posted by TM at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

イチローズモルト ダブルディスティラリーズ

20150822110423068.jpg

秩父蒸留所。
かつて、埼玉には羽生蒸溜所(東亜酒造)という、ウイスキー蒸溜所があった。
しかし、あえなく経営破綻し現在はキング酒造傘下となっている。

そして、その羽生蒸溜所の原酒を引き継ぎ、あたらしく秩父蒸溜所を創った者がいた。
羽生蒸溜所創業者の孫、肥土 伊知郎氏である。

2008年から稼働を開始した秩父蒸溜所の原酒と、羽生蒸溜所から引き継いだ原酒をヴァッティングしたモルトウイスキーがこの、ダブルディスティラリーズだ。

なお、ロットを表すボトルナンバーは26。
ここで、なぜ、ボトルナンバーを挙げるかというと、羽生蒸溜所の原酒は量が限られていることに加え、秩父蒸溜所の原酒も豊富にあるというわけではない。
そのため、ボトルによりヴァッティング(ブレンド)が微妙に異なるのだ。

そんなダブルディスティラリーズの味わいとは如何なるものか、愉しんでみたい。

トップからして非常に複雑な香りが引き立つ。秩父蒸溜所の原酒比率が高いのか最初にミズナラ樽のニュアンスがきた後、クリーム、シトラスといったところも感じる。
味わいにおいてもミズナラ樽らしい味から柑橘類のフレッシュさと柔らかい微かな甘さを感じる。
フィニッシュでは爽やかさを残し、スッと消えていくようだ。

実は秩父蒸溜所でこれとは異なるボトルナンバーのダブルディスティラリーズを試飲したのだが、明らかに味わいは異なっている。
しかし、これがイチローズモルトというものだ。
限られた原酒を元にしているのだ、ボトルナンバーにより味は違って当然。

それでも、美味いものは美味い。

あと、どれだけ羽生蒸溜所の原酒が残っているかは知る由も無いが、このダブルディスティラリーズを一人でも多くの人に味わってもらいたい。
posted by TM at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

マルスモルテージ 越百(コスモ)

tmp_9172-_20150713_223843260368727.JPG

マルスからいつのまにか、キラキラネームのようなブレンデッドモルトウイスキーが出ていました。
その名も「越百」と書いて「コスモ」と読む物を。。。

ま、まぁ、ネーミングはどうであれ、そこは味がすべての世界ですから。。。

香り:キャラメル、ナッツ、蜂蜜、ヌガーのニュアンス
味わい:柔らかくスムースな口当たり、微かに香ばしさを出しながら、熟したプラム等の果実の風味
余韻:まろやかさだけを残し、熟した果実の風味が微かに漂う

どうなんでしょうね。悪くはないが、そこまで良い物か?
全体的に熟成感は無く、アルコールの荒さも感じる。

これで、4,580円かぁ。。。

posted by TM at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする